名古屋で靴やインソールのことなら足と靴の科学研究所

 

 
 
 
 
 

 足のトラブル別カウンセリング

30余年間、加藤 正先生を始め、多くの先生からのご指導と義肢装具士としての研鑚を基に、足で悩まれている方と向かい合った経験を記す事をお断りします。

外反母趾

足の親指(母趾)が自分の身体の中心から見て外側に変形していくこと、これを外反母趾と言います。

扁平足

多くの場合、踵骨が外反(後方から見て八の字に傾斜)し、土踏まず(タテアーチ)部分が低下しており、踵骨外反扁平足の状態をいいます。

開張足

親指から小指の付根の幅が広がった状態で、横のアーチが沈下してしまう状態をいいます。

タコ・ウオノメ

長期間、局部への反復する荷重・摩擦による角質の増殖で、自身の皮膚を保護するための生態的防御反応と考えられます。

踵骨棘

踵骨(かかとの骨)の底面に発生する骨障害で骨が棘(とげ)状に突出する状態をいいます。

その他の足の痛み

『靴底の減り方が少しおかしい』と感じることはありませんか?
靴底の減り方からどのような疾患があるか分かることもございます。思い当たる方は是非ご相談下さい。

膝の痛み

足の疾患による膝の痛みの原因は様々です。

腰の痛み

足の疾患による腰の痛みの原因は様々です。

脚長差

骨自体の長さが違う真の脚長差と、アーチの低下、麻痺などによって生ずる見かけの脚長差があります。

 



 

 
 
ホームページ作成方法